パーキングの必要性

パーキングの必要性

パーキングの必要性 従来の斎場は、都心部にあるほど著名人や財界人の葬儀が多い事から大規模な施設である事が多く、弔問客や参列者に見合うだけのパーキングを準備する必要があり、充分な台数が準備出来ていない場合には評判を落とし存続の危機に陥ります。
葬儀業界では、長期にわたる不況に起因する経済問題だけで無く、集団就職に起因する遠方の親族の問題や仏教離れなどで家族葬や1日葬などのコンパクトかつ簡素な葬儀が主流となっているのが現実です。
家族葬や1日葬は、遺族や親族などの限られた人間だけで執り行う事からアクセスが自家用車を乗り合わせる事で充分であり、従来の様に数十台〜数百台のパーキングが必要が無く非常にコンパクトな斎場の建設が目立ちます。
家族葬や1日葬は、限られた人間だけで執り行う事から予期せぬ弔問客や参列者を避ける為にコンパクトな斎場で通夜や告別式を行う事が多く、コンパクトな斎場故に花葬や音楽葬などの自由葬の費用も抑えられるメリットもあります。

斎場にはどのような設備が備わっているのかを知ろう

斎場にはどのような設備が備わっているのかを知ろう 斎場内にある施設や設備としては、遺体を保管する安置室や、親族が式が始まるまで待機をしたり、寝泊まりをするための控室、喪服に着替えるための更衣室などがよく知られていますが、斎場にはこれ以外にも設備がたくさんあります。
例えば、近年の斎場には授乳室が設置されている所が多く、どうしても赤ちゃんを連れて葬儀に参列しなければならない場合には退避場所として有効です。
また、コインロッカーがたくさん用意されているところもあります。
有料ですが投入したお金は戻ってくるようになっているので、理由があって荷物をたくさん持ってきてしまったときに、盗難や紛失が心配な場合に利用すると良いです。
さらに、近年は無線LANのアクセスポイントやLANケーブルを繋げられる場所を設置するなどによって、インターネット環境を整備した斎場が多くなってきており、葬式に参列する際にSNSで連絡を取り合う人も接続方法さえ知っていれば、直接電話をかける必要なくやりとりができます。
/p>

新着情報

◎2019/2/8

バリアフリー対応がおすすめ
の情報を更新しました。

◎2018/12/5

斎場へのアクセスは事前に連絡
の情報を更新しました。

◎2018/10/12

パーキングの必要性
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

火葬場併設の斎場も
の情報を更新しました。

◎2017/5/8

参列者に優しい斎場
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

サイト公開しました

「葬儀 設備」
に関連するツイート
Twitter