斎場の情報が満載!

ネット環境が整っている斎場もある

ネット環境が整っている斎場もある 親しい知人が亡くなった際に連絡を受ければ、必ず斎場に足を運ばないといけないというのが日本の葬儀スタイルの常でした。
しかし、現代では家族のみで葬儀を行なう家族葬という新しいスタイルの葬儀があらわれただけでなくネット環境を整えている斎場ならではの参列の仕方もあります。
ネット環境を整えていることで、葬儀の模様を生放送という形で斎場のホームページ上で視聴することが可能です。
どなたでも見られるという訳ではなく、生放送を行なっている葬儀に出席して欲しかった方々にIDとパスワードを発行し遺族の方から連絡を受けた方のみが視聴をすることができます。
遠方に住んでいてどうしても参列出来ない、病気の為に出歩けないといった方々には無理をせずパソコンを通して故人を偲ぶことが出来るため打ってつけのサービスといえます。
生放送を見ながらコメントを送ることも出来るのでその場にいる雰囲気を出しており、現代技術を活用した斎場の良きサービスです。

斎場の口コミを探してみましょう

斎場の口コミを探してみましょう 故人のお見送りの場として今や葬儀は重要な位置づけとなってます。
葬儀は仮通夜から始まり、本通夜、告別式、出棺、火葬、納骨という順で実施されることが一般的です。
そしてこの中でもっとも重要な儀式が斎場で執り行われる火葬です。
今や多くの葬儀は専門の葬儀会社で執り行われていますが、その場合でも火葬は斎場で行う必要があります。
その意味で斎場は故人に対する最後のお別れの場と言うことができます。
このためその場所の選定にあたっては十分に検討する必要があります。
斎場は日本全国に数多くあるため、その選定に悩まされることもしばしばあります。
そこで選定の有力な方法として口コミの活用が挙げられます。
インターネットにおいてはその口コミに関するサイトが多くありますので、選ぶ際には大変参考になります。
また口コミサイトでは場所やアクセス方法などといった基本情報も掲載されていますので、実際に利用する際にはこれも便利な情報となります。

新着情報

◎2019/2/8

バリアフリー対応がおすすめ
の情報を更新しました。

◎2018/12/5

斎場へのアクセスは事前に連絡
の情報を更新しました。

◎2018/10/12

パーキングの必要性
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

火葬場併設の斎場も
の情報を更新しました。

◎2017/5/8

参列者に優しい斎場
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

サイト公開しました

「葬儀 環境」
に関連するツイート
Twitter

良くも悪くも昭和の大家族の葬儀って感じだ 久しぶりだよこんな環境にふれるのは

いちご急にハァハァいいだしてフラフラして立ち上がれなくなった 先生に電話して急遽診てもらったら、関節と心臓が悪いって💦 葬儀や法事でストレスかかる環境にあったのも発作の原因かもって。 心臓のお薬もらってきて、木曜日に血液検査 死んじゃうかと思った…あせった…

返信先:@choco2col にこるさんも実家嫌いなのね😅泊まりもそれはそれで疲れるやんねー 今回は前日にうちが夕方まで仕事で日帰りに。実家も泊まれる環境じゃないから、行くならホテル泊になって、落ち着かないしお金も吹っ飛ぶしね。 実家嫌いにとって、葬儀法要はほんとに地獄やわ…

Twitterもっと黄緑なうどん@4y4m+2y5m@moto_kimidori

返信 リツイート 昨日 8:42

返信先:@0kchi それは闇が深い…というか育った環境からして一般家庭とは違いますよね 私もそうです 盆も正月も朝も昼も関係ないですし葬儀知識はあっても祝い事は今ひとつわからないです 呪いはなかなか解けませんが リハビリお互い頑張りましょうww

ビジネス坊主が多くなったせいで、葬儀屋さんや、石屋さんがお坊さんを小馬鹿にした態度をとってきたりします。でもそれは、過去の寺族の傲慢さが引き起こした現状だと思って、ちゃんと人から敬われる人にきちんとしたお経と供養をして頂く環境を取り戻しませんか?

かねてより動作環境ギリであった俺のPCはなんかにより4月18日永眠いたしました。 生前は多くの方々に俺と俺のPCを愛していただき、心より感謝申し上げます。 なお故人の遺志により葬儀は親族のみで執り行いました。 皆様には大変お世話になり、ありがとうございました。

ボカロ曲来月から環境整えるんで葬儀のメインテーマつくろう

返信先:@momizi0527 冷房完備の事務所はペットの葬儀屋だったなぁ…今にして思えば環境はバリ良かった気がする。 大丈夫よ、うまく行くけん。

Twitter太刀河ユイ(ジャンガリアン)@21鯖DDON@GarianJAN

返信 リツイート 4/18(木) 18:50

返信先:@nagaokanenju他2人 おそらく俗習「冥土の旅の六文銭」が、葬儀という非日常の環境下でその音韻から習合して出来た呼称ではないかと推測します。オタビセン。

Twitter髙山龍智『反骨のブッダ』発売中!@nagabodhi

返信 リツイート 4/18(木) 8:09

孤島本丸の葬儀はどうするんだろうともんやり考えてた。 地理や環境的には水葬なんだけれど、鳥葬にしそうな雰囲気もある。