斎場の情報が満載!

バリアフリーの斎場の良さ

バリアフリーの斎場の良さ 斎場に参列するのは赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年齢の人です。
ですから当然ながら中には、体が不自由な人もいますし自立歩行が出来たとしてもわずかな段差でつまづきやすい場合もあります。
特に車椅子だと必要な設備も多いため、斎場によっては参列することができなくなってしまいます。
斎場全体がバリアフリーになっているとわずかな段差を不安に思わずに済むため、参拝したいのに不安で行くのをためらっている人にも安心してもらえます。
またトイレのような設備はバリアフリーになっていることが特に重要な場所です。
介助が必要な人には狭いトイレでは利用することができません。
ある程度の広さがあり、手すりなどが設置されている障害者でも使えるトイレがあれば安心して利用できます。
エレベーターがない古い斎場もありますが、足の不自由な人からすると階段での上り下りほど不安なものはありません。
不便さゆえに葬儀の参列ができないというのは残念なことです。
新しいほどバリアフリー設計になっていますので、誰に対しても優しいです。

赤ちゃんを連れていける設備がある斎場も良い

赤ちゃんを連れていける設備がある斎場も良い ごく近い間柄の人の葬儀の場合には、赤ちゃん連れでも参列したいと思うものです。
そういう場合には赤ちゃんを連れて行くことができる設備が整っている斎場が良いです。
トイレにおむつ替えシートがあるかどうか、授乳室あるいは小さな個室があって授乳することができるかをチェックしておくと安心です。
もし設備がない場合には車で斎場まで行き、赤ちゃんのお世話をする時には車のシートを倒して利用するという方法もあります。
いくら連れてきても良いと言われていても、個室がないと気疲れしてしまいます。
長時間に及ぶ場合には寝かせておける場所があるかどうかは確認しておきましょう。
離乳食や調乳のための給湯設備は、控え室に揃っていることが多いです。
また葬儀中に泣いてしまった場合はすぐに控え室に戻れるように入り口付近に座っておくと、周りに気遣いさせずに済みます。
葬儀は基本的には控え室で待機して、お焼香のタイミングで呼びに来てもらうようスタッフに前もって伝えておくとスムーズに参列することができます。

新着情報

◎2019/2/8

バリアフリー対応がおすすめ
の情報を更新しました。

◎2018/12/5

斎場へのアクセスは事前に連絡
の情報を更新しました。

◎2018/10/12

パーキングの必要性
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

火葬場併設の斎場も
の情報を更新しました。

◎2017/5/8

参列者に優しい斎場
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

サイト公開しました

「葬儀 子供」
に関連するツイート
Twitter

エルザ:クォークの葬式の時、彼と親しかった子供葬儀中騒いでた。あんまり酷かったのでセイレンが「うるせーぞこのクソ坊主!!」 と怒鳴りつけた瞬間お坊さんの読経がピタっと止んでクソワロタ。すぐに子供のことだと気付いた坊さんが読経再開したが、その場にいた全員の肩が震えていた。

Twitterラスストコピペbot@lskopipebot

返信 リツイート 29分前

08.会いたい人に会わなかったこと09.自分の葬儀を考えなかったこと10.やりたいことをやらなかったこと11.人にやさしくしなかったこと12.心に残る恋愛をしなかったこと13.結婚をしなかったこと14.子供を産み育てなかったこと15.子供を結婚させなかったこと

Twitterフォニュエール@PSO2_Fonyu

返信 リツイート 21:50

返信先:@kanakana_127 かなちゃん、おかえり。 同年代のお通夜は悲しくなっちゃうね😭 まだまだ働き盛りなのに😭 私も葬儀のバイトしてた時期があって、同年代の子どもいる人の葬儀でマジで泣きそうになってむかないなって辞めた😵 お互い身体メンテしよーね👍

Twitter메구💎めぐ🏠🐔👼💘たまアリ10ペンミ22@JhonhSvt

返信 リツイート 20:56

俺もあんま知らない親戚の子供(4~5歳)が葬儀中に騒いでいた。んで、あんまり酷かったので親戚のおっちゃんが「うるせーぞこのクソ坊主!!」と怒鳴りつけた瞬間、お坊さんの読経がピタっと止んでクソワロタ

返信先:@ULTRAMAN_KIRYU 他人だけどものすごく嬉しい。ありがとうお兄さん!! 一方でリプに結婚とか子どもとかつけてる人間多くて残念。それ、親戚のオジサンが帰省や葬儀のお通夜でのたまってる失礼な発言と同じだよ。やめてー

返信先:@emi_haha 子供が巣立ってヤレヤレと、思うと家がボロボロで建て替えなくちゃ…家が出来たら子供の結婚、親族の葬儀エトセトラ  余裕のある時なんてホントに来るんだろうか?

Twitter闇夜にハシビロコウ@snutnt

返信 リツイート 19:30

祖父の葬儀もあって、今日は初めて仕事を休んだんだけど、やっぱり、自分のクラスの子どものことが気になっちゃって「あの子たち大丈夫かな」とか常に色々と考えてた。さっき職場に電話したら、お利口さんだったみたいだし、「いいクラスだね」って言ってもらえて嬉しかったな~。明日笑顔で会お。

Twitter©️りさきょん@2038emperor

返信 リツイート 18:37

関西は「骨を拾わない」ことができる。 死んだ場所で焼くから、親の骨拾いたくない場合は関西の施設に入れるといいかも… もちろん、葬儀屋さんは「本当に拾わなくていいんですか?」と再三確認してくれたけど。狂信者の母親は断固拒否。私を含めた子供たちも「好きにすれば?」と誰も反対しなかった

Twitterりざれ@毒親GoodBye@dokuoya_goodbye

返信 リツイート 17:17

身内だけの小ぢんまりした葬儀だったし、赤ちゃん連れでも何も問題なかったよ!というご報告です。うちは特に親戚が少なく子供や若い人がいないので、老人ばかりの中赤ちゃんがいると場が和んでむしろよかったかも。私もよく知らない親戚と何話していいか悩む必要がなかったしw

Twitterまつとも@👶♂5m@matte_tomodati0

返信 リツイート 17:13

【納棺 (のうかん)】 遺体は、葬儀社の人に手伝ってもらい、納棺します。このとき蓋には釘は打ちません。納棺の際、故人が生前とくに愛用したもので、火葬したとき焼けやすいもの、子供なら玩具などを、遺体と一緒に棺の中に納めたりします。